メンタルケア心理士の活動報告

メンタルケア心理士としての立場と躁うつ病の本人の立場とうつ病の家族の立場の日々の生活状況を報告しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

安心して絶望できる人生 

 以前、ブログでお友達から紹介してもらっていた本を、ずっと読んでいたのですが、すごくよかったので私も紹介したいと思います。

 さわらのひなたぼっこというブログをされている、さわらさんがとても大好きだとおっしゃっていた本で、私も読ませてもらったら、本当に勉強になるし、読み物としても読みやすくて、とても精神的な病気のとらえ方が変わる本でした。

 それは、生活人新書から出ている、「安心して絶望できる人生」向谷地生良さんの浦河べてるの家の本です。

 精神疾患を持った人たちが、自分を助けて、集まって、経営をして暮らしています。
 自分たちのことを自分たちで研究して、うまく、幻聴さんたちと付き合ったり、助けてというアピールをうまく出しながら暮らしています。

 出来たことはお互いに褒めあいながら、会社も作って、考え方を伝染させているのです。

 何から何までびっくりです!!!

 病気をなくすのではなくて、生きやすくしていくのです。その考え方は、私自身の心も軽くしてくれました。
 良くならなければいけない。できないことを責めてばかりで、自己嫌悪に陥っていた私が、知らず知らずに人からの評価ばかりを気にして生きていたことに気が付いたのです。
 家族であったり、他人であったり、友人であったりからの目を気にするのではなくて、自分を信じるシステムというものを読んで、これなのかぁと思いました。

 SOSを出す力が、大切なのだと心から思いました。

 べてるでは、「安心してさぼれる会社づくり」という理念があります。
 今の社会に全くない考え方です。でも、今の社会にこそ必要な考え方です。

 心穏やかに、一人でもべてるの考え方に染まった、「べてるウィルス感染症候群」の「べてらー」が増えてくると、もっとこの社会も生きやすいのではないかと思いました^^

 もしお時間のある方は、お勧めの本なので読んでみてください。。。



 
スポンサーサイト

2012/05/25 Fri. 09:55 [edit]

category: 勉強

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

cm 6  tb 1 

コメント

なるほど、今の病気を抱えたままでも生きやすく、ですか。
確かに、治療しようとすると焦りや苛立ちで、
余計に心の闇が深くなりそうですが、無理に治療なんかせず
今の自分のままでもいい社会をつくれれば、
心も生き返るような気がします。
ただ心の健常者がどれだけ理解してくれるか、というのが課題でしょうか。
こういう考え方は、書籍だけでは広がりにくいと思うのですが、
教育現場やマスコミの協力も必要になってくるんでしょうね。

まーるまー #- | URL
2012/05/25 10:44 | edit

まーるまーさんへ♪

 確かに、病気に対しての理解がある人は、こういう考え方をしなくてももともと病気にならなくてもこの考えの伝染はしなくてもいいんですよね。

 このべてるというところは有名なようで、書籍も講演会も、テレビなども報道されたりしているようですよ。
 私は勉強不足で、知らなかったんですが・・・。

 自分のことを助けるとか、いう考え方や、病気本人同士だからこその考え方が充実しています。

 でもこの書籍の題名の様に、安心して絶望できる社会が、必要だと思いました。

sachiko.t #- | URL
2012/05/25 12:32 | edit

とても面白そうな本ですね?!私も今度読んでみたいと思います!!
そんな会社があるなら入りたいです笑っ
今は病気関係なくても住みにくい世界ですからね。
子供達も、今はゲームとかばかりで公園で遊んだりすることが減りコミュニケーション能力が低下してきてるみたいです。
そんな子達が社会に出たら病気になる子が増えてしまいそうで怖いです。
おすすめありがとうございます(*^^*)

夢見るよめちゃん #- | URL
2012/05/25 14:21 | edit

こんにちは(*^_^*)

べてるの事は仕事柄知っています。

テレビ放送もありました。

当時は他人事だと思っていましたが、でもグループでの暮らしは楽しいだろうな・・・と感じていました。

今は、家族には迷惑(心配)かけたくないので、こういうグループホームみたいな環境で暮らすのも悪くはないな・・・と思います(^○^)

みりのこ #sj93pB3o | URL
2012/05/25 17:45 | edit

夢見るよめちゃんさんへ♪

 おはようございます^^
 お返事が遅くなってしまってごめんなさい。。。

 病気の人が読むと、目からうろこが落ちるような気がします。
 こんな風に考えることができるんだとか、こういう風にとらえると気持ちが楽になれるんだとか、とても参考になりました^^

 本当に病気関係なく、住みにくい世の中ですよね・・・。
 今の社会にゆとりが必要だと思います。

 子供たちも、今のこの世の中に適応して暮らしていくのは、本当に大変だと思います。社会とのかかわりが薄いですよね。。。

 もし機会があれば、一度読んでみてください♪
 私はAmazonで中古で買いましたよ!安かったです^^

sachiko.t #- | URL
2012/05/27 07:32 | edit

みりのこさんへ♪

 おはようございます^^
 コメントのお返事が遅くなってしまって、本当にごめんなさい。

 みりのこさんは、べてる知ってらっしゃったんですね。
 こういう環境だと、この社会に住みにくい人たちも、心穏やかに暮らせるのではないかと思いました。

 私も年を取って、いつか誰かに迷惑をかけるようになるのなら、グループホームも悪くないと思います。
 今現実に、行くことはできませんが、行ってみたいところです。

 実際に自分も見てみたいし、住んでみたいところでもあります^^

sachiko.t #- | URL
2012/05/27 07:38 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://myfamily1.blog64.fc2.com/tb.php/624-e67fccf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【安心して絶望できる人生】

 以前、ブログでお友達から紹介してもらっていた本を、ずっと読んでいたのですが、すごくよかったので私も紹介したいと思います。 さわらのひなたぼっこというブログをされている、さわらさんがとても大好きだとおっしゃっていた本で、私も読ませてもらったら、本当に勉...

まとめwoネタ速neo | 2012/05/25 14:59

2018-05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。